今日の晩酌 豆乳鍋:2021年11月7日

今日の晩酌 豆乳鍋:2021年11月7日晩酌

今日の晩酌 2021年11月7日

今日の晩酌
鮪漬け、叩ききゅうり、蓮根煮物、ポテサラ、佃煮、冷奴、豆乳鍋

今日も一日お疲れ様でした

晩酌準備開始

豆乳鍋
豆乳鍋

蓮根煮・こんにゃく・鶏肉
蓮根煮・こんにゃく・鶏肉

たたき胡瓜
たたき胡瓜

漬け鮪
漬け鮪

冷奴・小松菜
冷奴・小松菜
クルミ小女子
クルミ小女子

ポテサラ
ポテサラ

今日のお酒

黒霧島

2021年11月7日のニュース

「自民は“やるやる詐欺”」維新と国民が改憲論議促進で一致
先の衆議院議員選挙で躍進した日本維新の会の吉村洋文副代表(大阪府知事)と、同じく議席を伸ばした国民民主党の玉木雄一郎代表が、7日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分から午前8時55分)に出演した。両氏は憲法審査会などで憲法改正論議の促進を目指す考えで一致した。
憲法改正論議をめぐり、吉村氏は「維新の会は改憲勢力だ。自民党は憲法改正を党是といいながら、実は一部の保守層のガス抜きのためにやっているようなもの。本気で憲法改正をやろうと思っていない。自民党のやるやる詐欺に付き合うつもりはない」と述べ、憲法改正論議を進めない自民党の姿勢を批判した。

とのこと。
残念だが、安倍さんは、いくらでも改憲のチャンスがありながら手を付けなかった。
その意味では、やるやる詐欺と言っていいかもしれない。

このタイミングで、維新・国民民主が改憲に意欲を見せることは日本において喜ばしい。
改憲=また戦争のできる国 など、おかしな誘導をする人がいるが、そんな人がどんどんあぶりだされるタイミングなのかもしれない。

吉村知事「僕だって30万円もらえる」18歳以下一律10万円給付案への疑問のツイートに意見相次ぐ
日本維新の会副代表を務める吉村洋文大阪府知事が7日のフジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に出演し、公明党が新型コロナ支援策として衆院選の公約に掲げ、週明けにも自民党と協議する「18歳以下に現金10万円一律給付」について持論を展開、疑問を呈した。吉村知事が発言をツイッターで発信すると、賛否を含むさまざまな意見が寄せられた。
吉村知事は「所得制限なしに18歳以下だから全員に配るというのは、何を目的としているのか分からない。(子ども3人の)僕だって30万円もらえる」と発言し、所得制限をつけるべきだと指摘。さらに「18歳以下全員に配るより、例えば経済的に厳しいひとり親家庭などに優先的に配るべき」「この政策は収入が非常に厳しくなった人のために行うということを明確にするべき」などと提言した。

よくバラマキと言われるが、それに関しては、状況によって変わると思っている。

まず、今回の18歳以下への給付。
私は反対の立場・・・というか、意味がないと思っている。

  1. 困っている人には全力で支援する
  2. 内需拡大のために国民全員に配る

この2つを別々に行わなくてはいけないと思っている。

前者は当たり前で後者だって重要。

後者に関しては、別に現金じゃなくても、各県に任せて地域クーポンにしてもいいと思います。
時間がかかりますし丸投げと言われるかもしれませんが、都道府県の力の見せどころを喚起してもいいと思います。
困っている人には全力で支援するは前提でね。

今までは、殺さないために企業にお金を使った。
これからは、消費者を動かすための施策が必要。

そもそも、18歳以下に限定する意味が分からない。
令和4年(2022年)4月から成年年齢が18歳になるけど、それとも関係なさそうだし・・・。
いちよ、子どものいる世帯の経済的な負担を意味しているみたいだけど、大学生の子を持つ親とかは?とも思ってしまう。
なら、義務教育の中学3年生までというくくりの方がしっくりくるような気も・・・。

いずれにせよ、
支援と活性化に分けて議論してもらいたい。

困っている人に支援だけでは、回復はないからね。

朝鮮戦争の終戦宣言に難色 岸田政権
日米韓3カ国が先月ワシントンで開いた岸田政権発足後初の高官協議で、北朝鮮との信頼醸成措置として休戦状態の朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言を望む韓国に対し、日本が「時期尚早」として難色を示したことが5日分かった。複数の外交筋が明らかにした。米国は態度を留保し、3カ国の温度差が浮き彫りとなった。

韓国の文在寅大統領もこの後、行くところ決まってるから、何としてでも何か残したいんだろうけど、
これって、終戦宣言を望むって今?

という感じ。
日本も韓国も、何もなくおとなしい状況であれば、まぁ、言われてみればそうだね的に終戦宣言でもいいけど。
北は今も動いているからね。
制裁している状況だからね。

旨そうなツィートを拾ってみた

タイトルとURLをコピーしました